• インタビュー記事にもフリーランスが活躍しています

    • 雑誌などにインタビュー記事が記載されていますが、このインタビュー記事を書いている人がいます。


      実際にインタビューをする人は記者などですが、テレビなどを見ていると報道記者がICレコーダーを持ってインタビューをしているのは良く見るでしょう。

      しかし、インタビュー対象者の音声を録音するだけでは雑誌にインタビュー記事を記載することはできないために、インタビューの音声を文章にするフリーランスをしている人がいるから雑誌にインタビュー記事を載せることができます。インタビューの録音を記事にするフリーランスは、テープ起こしという仕事をしていますが、雑誌の従業員ではありません。

      テープ起こしをする人はインターネット上で募集をしているために、不特定多数の応募者の中から過去の実績や報酬などを参考にして依頼者が誰に依頼するかを決めています。テープ起こしのフリーランスの相場は1分で50円程度ですが実績がつくまでは1分で10円という非常に安い金額で仕事をしています。

      産経ニュースの情報が沢山詰まったサイトです。

      実績を積んだら徐々に1分間の単価を上げることができますが、実績がない人がいきなり高単価で引き受け意思表示をしてしまうと誰も依頼はしないでしょう。


      テープ起こしは自宅にパソコンがあれば簡単にできる仕事で聞いた音声をそのまま文章に直すだけなので、副業としても非常に人気がある仕事になります。

      フリーランスに関する良い情報をご紹介するサイトです。

      ですが、テープ起こしには必ず期限があり、期限までに納品をしないと今後は依頼をしてもらえなくなります。



  • 身に付けたい知識

    • 記事作成のフリーランスには知識が必要です

      フリーランスは自由に仕事ができるために、自分のライフスタイルに合わせて仕事を進めていくことが可能な職業です。収入は会社員時代よりも不安定になりますが、ある程度の実績をつけることによって安定した収入にすることができます。...

  • わかりやすい情報

  • ビジネスのテクニック・ビジネスの基本知識